カラーアナリスト養成講座・色彩検定・カラーセラピスト 東京 飯田橋・神楽坂

カラーコーディネーターについて

どんな仕事?

色彩の特性を正しく理解し最も効果的な配色やデザイン等を指導するのがカラーコーディネーターの仕事。色彩の魅力を引き出し、企業での商品開発・販売における色選びや住宅や各種店鋪のインテリア、町全体の色彩環境を提案するスペシャリストです。

活躍の場

洋服から、インテリアや雑貨、食品など、ありとあらゆるところに色彩は使われており、カラーコーディネーターはさまざまな職業で活躍できます。デザイン関係の就・転職はもちろん、企業内でカラーコンサルタントとして活用する事も可能。配色センスと専門知識を活かし、食料品や衣料品、住宅などの各種メーカーの商品開発、広報部で、商品や広告の制作に携わるほか、販売や営業などの接客業でもその知識は役に立つでしょう。

【仕事の例】

  • インテリアコーディネーター
  • インテリアデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ファッションコーディネーター
  • 色彩空間アドバイザー(店舗・美術館などの色彩デザイン)
  • 色彩環境に関するコンサルティング(街づくりなどのアドバイザー)
  • 商品パッケージデザイン      などなど

カラーコーディネーターになるには

カラーコーディネータになるには特に資格は必要ありません。

色彩に関する専門知識や美的センスはもちろん、人々を納得させられる、しっかりとした論理性を持っている事も大切です。色彩検定は、単独よりも他の資格や専門スキルと組み合わせることで、アピール力が高まる資格です。
服飾デザイナーやインテリアコーディネーターなど、色彩の重要度が高い職業であれば、色彩に関する専門的な知識を得るために専門学校や美術系の大学などで学び、一定のスキルを習得している証として「カラーコーディネーター検定試験」「色彩検定」などを受けるケースが多いというのが現状です。

A-color 色彩検定対策コースはこちら

「カラーコーディネーター検定」と「色彩検定」の違いは?

色彩検定の正式名称は「ファッションコーディネート色彩能力検定」と言います。 色彩検定も、カラーコーディネーター検定と同様に、「色」の知識を問う検定試験です。しかしながら主催する団体は異なり、着眼点にも若干の違いがあります。カラーコーディネーター検定とどちらが有利ということはなく、試験の難易度にもさほどの違いはありません。 カラーコーディネーター検定試験は、東京商工会議所主催で行われます。 色彩検定は、A・F・T(All Japan Fashion Teachers)公益社団法人色彩検定協会主催で行われます。