カラーアナリスト養成講座・色彩検定・カラーセラピスト 東京 飯田橋・神楽坂

COLOR WORLD ~BROWN/ORANGE 茶色/オレンジの世界

cor_03

日本人にとって茶色は身近な色 オレンジ色の上手な使い方

茶色の色名は、布をお茶の葉で染めた事に由来します。古くからポピュラーな色の一つで、最近ではアースカラーとしてファッションやインテリアなど生活のさまざまな場面を彩っています。 淡いベージュから深いダークブランまで、明るいマスタードから渋いカーキまで、バリエーションも豊富です。

相手に好印象を与えようと思うならば、オレンジ色は最適な色調の一つです。明るさに・親しみやすさ・若々しさ・新鮮さといったイメージを、さわやかに表現できるうえ、人々の熱い視線が集まります。明るい青や白とコントラストで使うと、パッと人目を引いて個性を大胆にアピールできます。
ただし、多様は避けるようにしてください。インパクトがあるだけに、かえってうるさい印象を与えてしまうこと、また親しみやすさはともすると安っぽい感じを生んでしまうしまいます。高級感をあらわすのには、あまり向いていません。

cor_07

オレンジ色でストレス解消

赤の情熱と黄色の明るさを兼ね備えたオレンジは、ストレスがたまった時や気が滅入った時にスカッと気分を爽快にしてくれる色です。太陽の色だけに、暖かみや親しみやすさにも充ちています。
太陽のようなオレンジ色は、陽気なサクセスカラーともいえます。

食事

オレンジ色はヘルシーカラー

2

スペクトル分布で、どの色が食欲を高めるかをみていくと、赤とオレンジの間に最大のピークがあり、次いで黄色、緑と青の間の順になります。反対に食欲を減じる色は、黄緑と紫のところにピークがあります。
その結果、食べ物や食卓、ダイニングのインテリアにオレンジが使われていると、心地よい食欲がわいてくるのです。食欲がないときは、テーブルクロスやランチョンマットをオレンジにしてみるのもいいでしょう。

オレンジ色の光が”おいしい食”を演出する

照明によって食卓のイメージも変化していきます。
白熱電球は色温度が夕方の太陽光に近く、赤・オレンジ・黄色の暖色系が勝つ色です。そのためリラックス効果に優れ、食欲を引き起こすと同時に消化を良くする効果が確かめられています。cor_20
蛍光灯は、以前は青白い寒色系のものが多く、顔色や食べ物の色を鈍く見せてしまうので、食卓や今の証明に最適とはいえませんでした。しかし現在では3波長形といって、太陽光に近いランプが開発され、電球色の暖かみのあるものもでています。