カラーアナリスト養成講座・色彩検定・カラーセラピスト 東京 飯田橋・神楽坂

COLOR WORLD ~GREEN 緑の世界

main_03

緑は調和の色 緑で安心生活

自然の木々や草の緑を見ると誰しもが心の安らぎを覚えるように、緑は生命の希望や、平和や安定を象徴する色です。
緑の波長には、脳の興奮を鎮める働きがあります。人は外界の情報の約80%を目から得ており、緑を見ることで目が休まり、頭が静まります。草木の緑を目にすると心理的な安心感も手伝って疲れが癒されます。
日常生活でも、緑の効果を上手に取り入れることをおすすめします。インテリアに観葉植物を置いたり、緑の風景画や写真を飾ってみたり、グリーン系の服やアクセサリーを身につけてみると心もリフレッシュされるでしょう。

緑は誰の目にも美しく見え、気分をリラックスさせます。緑は心のバランスをとるのに最適でイライラしているときなどには緑を目にするといいでしょう。
大切な商談や会議がある日、相手と友好な関係を築きたいとき、緑を有効に使うのが一番です。会議室のインテリアにうまく緑を取り入れていればビジネスはきっとスムーズに進みます。また家庭の中にも緑がたくさんあれば、夫婦仲もいちだんと円満になるでしょう。
cor_14

food-.gif

健康の緑

2緑の食べ物は、葉菜や海草に多く見られます。これはカルシウム、ナトリウムなどのミネラルやビタミンをたっぷり含んでいます。体をリラックスさせて若返らせる力をもっているばかりか、緑色の素であるクロロフィルには、人間の体を弱アルカリ性に保つ大切な役割をもっています。

肉料理にサラダを添えるのも、単に色の取り合わせいいからだけでなく、クロロフィルによって、動物性脂肪やタンパク質の取りすぎによる害を中和できるからです。

緑と赤・黄色

緑色だけのサラダは食欲が湧きません。緑は自己主張が弱い為、気持ちを和らげる効果があっても、食欲に訴える力にはかけています。
そこでトマトの赤やコーンの黄色をまぜて彩りを飾ることによって食欲増進の効果を演出させているのです。

緑は赤の補色であり、赤や黄色と見事なコントラストをかもし出す為、赤や黄色との取り合わせが生む配色ほど食欲を刺激するものはありません。
1
クリスマスのテーブルといったら赤と緑のクリスマスカラーが定着しています。クリスマスグッズの食器を使うだけでなくお皿とナフキンに緑を取り入れワンポイントで赤を使いテーブルを演出するのもいいでしょう。